2023ブルームーンはいつ見られる?花言葉や意味・なぜ起こるのかを解説!

定期的に訪れる満月に、それぞれ名前がついている、ということをご存じでしたでしょうか。

そのなかでも、神秘的な名前が付けられているのがブルームーンです。

ブルームーンはかなり貴重で、めったに観測できるものではないので事前に知っておくのもいいでしょう。

この記事で分かること

・ブルームーンはいつなのか
・ブルームーンの花言葉
・ブルームーンはなぜ起こるのか

についてお話しします。

2023年のブルームーンはいつ見られるの?

ブルームーンそのものがかなり貴重で、普通の満月のように毎月見られるわけではありません。

2023年のブルームーンは、8月31日の1回きりです。

1年12カ月あるうちの、たったの1回ですから、ブルームーンはかなり貴重だと言えます。

しかも、2023年が過ぎて2024年にブルームーンが見られるかと言えば、そうではありません。

2023年以降のブルームーンは、2026年の5月31日となります。

2015年 7月31日
2018年 1月31日
2020年 10月31日
2023年 8月31日
2026年 5月31日

実はブルームーンは、2年半くらいの周期で出現するため、毎年見られないというのはそのような理由があってのことです。

2023年を逃すと、3年先となりますので、少しでも興味があるのでしたら観測できる年にかならずチェックするべきです。

ブルームーンには花言葉があるの?

ブルームーンで検索すると、花言葉というワードが見受けられました。

月なのに花言葉って何だろう?と疑問を持たれるかもしれません。

実はブルームーンは、紫のバラの名前でもあります。

月とはまったく関係ありませんが、ブルームーンという名付けやすいものですから、花はもちろん飲料、お店の名前なども使っています。

ちなみに、ブルームーンの花言葉は、幸せの瞬間、神の祝福などが該当します。

名前に合ったとてもオシャレな花言葉ですよね。

これを月のブルームーンと交わることができれば、素敵だなと思いませんか。

世の中にはたくさんの花がありますが、そのなかでもブルームーンは大変人気の種類です。

理由は見た目の良さと育てやすさです。

ガーデニング初心者でも、ブルームーンであればきれいに咲かせられるようですので、大変人気です。

月のブルームーンはなかなか見られませんが、花のブルームーンなら毎日見られるため、ちょっとした気分転換にいかがでしょうか。

ブルームーンの意味は?

ブルームーンとは、ひと月に2回の満月が出現することを指します。

満月は29.5日周期で出現するため、ひと月に2回の満月が見られるのはとても珍しいというわけです。

ブルームーンは奇跡という意味がある

珍しさもあって、アメリカでは、once in a blue moonと呼ばれています。

訳すと、ときどきやたまに、一生、奇跡などが該当します。

これらを考えますと、ブルームーンはかなり貴重だという認識をアメリカでも持っていることが分かります。

幸せになれるという期待

ブルームーンを見ると、幸せになれるという言い伝えがあります。

もともとブルームーンは、不吉な前兆と認識されていたようですが、とある時期から意味が真逆になったようです。

その時期は知られていはいません。

ブルームーンという名前は誰が名付けたのかははっきりしていません。

しかし、今から400年以上前にはブルームーンという名前が浸透していたようです。

ブルームーンはなぜ起こるの?

満月は29.5日周期で回ってくるため、なぜ1カ月に2回も発生するのかに疑問を持たれるはずです。

ブルームーンは

・ひと月に満月が2回ある
・ひとつの季節に満月が4回ある

が定義となっています。

たとえば、月が12周するまでに354日かかる計算となります。(29.5×12=354日)

1年は365日ですから、満月の周期は少ないということが分かりますよね。

その差は11日くらいですから、2年で22日、3年で33日ズレることにあり、この期間がちょうど1カ月です。

つまり、2.5年から3年の期間に1度だけ多くの満月が見られる、というのはそういう計算に成り立っているからです。

ブルームーンはやっぱり青く見えるの?

ブルームーンと名前がついているため、満月も青く見るのでは?と考えてしまうものです。

たしかに満月が青く見えれば神秘的ですし、絶対に見たいと思うものです。

しかし残念ながらブルームーンは青く見えません。

1800年代に海外で大きな噴火が発生し、灰が舞い散った際に月が青く見えたことから、ブルームーンと名付けられたのでは?と言われています。

一方では400年前からブルームーンは名付けられていた、ということですから、つじつまが合わなくなります。

かなり昔の出来事ですから、真相は闇の中、ということですね。

ブルームーンは幸福感が増すの?

ブルームーンは2年~3年にいちどしか見られないことや、バラの花言葉を考えますと幸福感が増すのではと言われています。

もともと月には何らかのパワーがあると信じられており、12カ月それぞれの満月に意味や願い事があります。

とくにめったに見られないブルームーンは、余計にパワーがあると思ってもいいでしょう。

他の満月のようにブルームーンの意味はありませんが、めったに見られないため花言葉の幸せをとってもいいのではないでしょうか。

ブルームーンとスーパームーンは違うの?

ブルームーンを調べていると、スーパームーンという似たような名前がでてきますよね。

スーパームーンとは、月が地球にもっとも近づいた状態のことを指します。

スーパームーンは年に1回観測できますので、ブルームーンと比べるとレア度は下がります。

しかし、スーパームーンのタイミングによっては最大で見られる時と最小で見られる時があります。

最大で見たい場合は何十年も先になるため、そう考えるとブルームーンよりも貴重だと考えられます。

実は2023年のスーパームーンは8月31日観測できるため、ちょうどブルームーンと日付が一致します。

つまり、ブルームーンとスーパームーンの同時観測が実現します。

これこそかなり貴重ですから、その日は絶対に夜空を見上げるべきですよ。

2023スーパームーンはいつ?過去最大やなぜ起こるのかを解説!満月には、いくつかの種類があり、それぞれに特徴があります。 そのなかでも、スーパームーンという、とてもかっこいい名前の満月があるこ...

ブルームーン以外に呼び方はあるの?

ブルームーンという名前は統一されており、ほかの呼び方はありません。

ですが、意味の異なるスーパームーンやブラッドムーン、そして毎月の満月にも名前が付けられています。

たとえば、ウルフムーンやストロベリームーン、ハーベストムーンなどが該当します。

これらはその季節に応じて名付けられており、それぞれに意味があります。

とくに季節の満月は願い事やジンクスなどがあるため、満月を見た際には何か達成したいこと、やりたいこと、反省していることを満月にめがけて願います。

満月はどれもおなじように見えますが、それぞれに名前があり意味も異なるため、知れば知るほど面白いですよ。

まとめ

ブルームーンは名前がとてもオシャレで月だけではなく、花や飲料にも使われている名前です。

月では2年~3年に1回しか観測できない、かなり貴重なものですから、ぜひともこの機会にチェックしていただきたいです。

また2023年はブルームーンとスーパームーンの合作ですから、確実に予定をあけて観測できるようにしてください。

時期的にもとても暖かいですから、ゆっくり見られることでしょう。